ニュース 2022.05.05. 06:59

首位追撃の使者に!ソフトバンク・柳田の躍動に解説陣も笑顔「ノッてきたね」

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田悠岐 (C) Kyodo News

打率もぐんぐん上昇?「今後が非常に楽しみ」


 ソフトバンクがホームでオリックスに2連勝。

 3カードぶりの勝ち越しを決めただけでなく、4日の勝利でパ・リーグ最速となる通算5000勝を達成した。




 この日も主役は千両役者・柳田悠岐。

 3日の試合では満塁弾を放ち、日本のエース・山本由伸の攻略にひと役買った主砲。この日も初回、無死一・三塁の第1打席に宮城大弥の変化球をうまく拾うと、泳ぎ気味ながら打球はぐんぐん伸びてライトフェンスを直撃。適時二塁打で先制点を叩き出す。

 さらに1-1で迎えた終盤7回には、二死走者なしから近藤大亮の151キロ速球を逆らわずに左中間へ。高々と舞い上がった打球はテラス席に飛び込む勝ち越しソロ。全2打点を挙げる活躍で2-1の勝利に貢献した。



 4日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した谷沢健一氏は、この日の打撃内容を振り返りながら「ノッてきたね~」と笑いが止まらず。

 気になるポイントとして「ギータ特有の強引なスイングが少なくなっている」という点を挙げ、「7回の本塁打も八分くらいの力で左中間に持って行っている。率は低くなっている(.258)が、強引さがなくなっているので今後が非常に楽しみ」と、打率上昇の気配を感じ取っている。


 今季は4月頭に左肩を痛めて戦列を離れる時期もあり、ここまでの数字は15試合の出場で打率.258、本塁打4本で打点12となっている鷹の主砲。

 それでも5月に入ってからは3試合で打率.333(12-4)、4安打のうち2本が本塁打と状態は上向き。なにより「強引さ」が薄れているにも関わらず長打が出ているというのは頼もしい限りだ。

 好調・楽天との差は4ゲームに開いているが、まだ30試合を消化したところ。ギータは首位猛追の原動力となるか、引き続き注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西