ニュース 2022.05.07. 10:00

“小さな大打者”が燕・山田の現状に「インコースの打ち方は…」

無断転載禁止
ヤクルト 山田哲人
2022.05.06 18:00
読売ジャイアンツ 2 終了 13 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 3 - 12 ヤクルト ○
<7回戦・東京ドーム>

 6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた若松勉氏が、ヤクルト・山田哲人の状態について心配した。

 若松氏は試合前に山田の現在の状態について「ちょっと見ていても、彼のバッティングじゃないよね。インコースの打ち方はまだまだ山田のバッティングじゃないです」と指摘。

 この日の第1打席左飛に倒れると、「今インサイドですよね。インサイドの打ち方がまだまだ窮屈ですよね。もうちょっと深く呼び込んで、腰でクッと回るような感じになればいいんですけど、まだまだ上体だけで打っている感じですもんね」と話した。

 無安打で迎えた8回の第5打席にライトへ適時二塁打を放ったが、若松氏は「ようやく芯にあたったという感じだね。入ったと思ったけどね。今のバッティングはいいですよね」と評価しながらも、「ただ真ん中からややアウトコース。インサイドですよね。インサイドをうまく回ってくればね。インサイドがきたと思ってもボールでも振っちゃうから」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM