ニュース 2022.05.10. 21:17

広島・床田、今季初完封で4勝目 走塁中に顔面強打も「問題なく投げられた」

無断転載禁止
今季初完封で4勝目を挙げた広島・床田 (C)Kyodo News
2022.05.10 18:00
阪神タイガース 0 終了 3 広島東洋カープ
甲子園
● 阪神 0 - 3 広島 ○
<7回戦・甲子園>

 広島は先発・床田が好投し3連勝。貯金を6とし、中日に敗れた首位・ヤクルトにゲーム差なしの5厘差に迫った。

 床田は立ち上がりから安定感抜群。元気のない阪神打線を相手に5回まで1安打しか許さなかった。5回表の攻撃では走塁中にアクシデント。二死から左前打で出塁し、続く1番・中村健の左前打で三塁へ向かったが、二塁ベースを蹴ったあとバランスを崩し転倒。その際、ヘッドスライディングのよう形で顔面を強打し顔は泥だらけとなった。

 それでも、大事には至らず続投。マウンドでは6回以降もゼロを刻み、9回は無死一、二塁のピンチを招いたものの、最後は阪神のクリーンアップを片づけ今季4勝目(1敗)を昨季以来となるプロ2度目の完封で飾った。

 打線は両軍無得点で迎えた6回、4番・マクブルームが5号2ランを左翼席へ運び先制。8回は6番・小園の右前適時打で3点目を加えた。

 床田は敵地での完封劇について「真っ直ぐの感覚が良かったので、真っ直ぐ主体で行けました」と自己分析。顔面強打のハプニングについては「サードに行こうとしてコケて、バリ恥ずかしかった。問題なく投げられました」と笑顔で話した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西