ニュース 2022.05.10. 21:50

ヤクルトは中日に完封負け 7回1失点と力投の小川に高津監督「良く投げた」

無断転載禁止
7回1失点も今季3敗目を喫したヤクルト・小川泰弘
2022.05.10 18:00
東京ヤクルトスワローズ 0 終了 1 中日ドラゴンズ
神宮

チャンスいかせず「あと1本というところ」


 セ・リーグ首位で神宮球場に帰ってきたヤクルトは10日、中日と対戦し1-0で敗れた。

 先発の小川泰弘は「今日は一球一球丁寧に粘りながら投げることを意識して投げました」と、7回5安打1失点と好投したが、4回に浴びたA.マルティネスのソロ本塁打が響いた。

 高津臣吾監督は小川に対して「ピンチもいくつかあったが、本塁打1本に抑えたのは良かった。7回まで良く投げたと思います」と力投をたたえた。

 打線は中日の先発・小笠原慎之介から得点を奪えず、7回以降のリリーフ陣にも抑え込まれた。9回は二死から代打の宮本丈、塩見泰隆の連打でチャンスを作ったが、続く青木宣親は一ゴロに倒れ終戦。完封負けを喫した。高津監督は「ちょっとつながらなかった。あと1本というところ」と、悔しさをにじませた。

 これで今季、本拠地の神宮では4勝9敗と苦しい展開が続くが、明日は今季初先発で吉田大喜がマウンドに上がる。指揮官は「勝つピッチング、いま持っている力をしっかり発揮できるように」と、3年目右腕に期待を寄せた。


取材・文=別府勉(べっぷ・つとむ)


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西