ニュース 2022.05.12. 11:50

鈴木誠也、開幕30試合目で初の欠場 右足首痛め2試合連続でスタメン外れる

無断転載禁止
カブス・鈴木誠也
● パドレス 5 - 7 カブス ○
<現地時間5月11日 ペトコ・パーク>

 カブスが9安打7得点と効率良く加点し接戦に勝利。鈴木誠也外野手(27)は2試合連続でスタメンを外れ、開幕30試合目で初の欠場となった。

 鈴木は9日(日本時間10日)のパドレス戦で走塁中に右足首を痛め途中交代。前日の同戦は「2番・指名打者」で先発出場予定だったが、試合開始約1時間前に急遽スタメンを外れ、9回に代打で出場し中前打を放った。

 この日は最後まで出番はなく、カブス移籍後初の欠場。鈴木はここまで29試合に出場し、打率.255、4本塁打、16打点、OPS.845をマークしている。

 カブスは5-5の同点で迎えた8回、5番・リバスが2点適時打を中前へ運び接戦に勝利。敵地での3連戦を2勝1敗で勝ち越し、残る借金は8となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西