ニュース 2022.05.16. 06:44

阪神・佐藤輝が圧巻の2発!真中氏も期待「今年は本塁打王争いまで…?」

無断転載禁止
阪神・佐藤輝明 (C) Kyodo News

進化の証「インコースにもうまく対応」


 阪神が敵地でDeNAに2連勝。

 前日の13安打・9得点に続き、15日の試合も11安打で8得点。この日は佐藤輝明が今季初の1試合2本塁打と大暴れを見せた。




 「4番・三塁」で先発出場した23歳は第1打席こそ空振り三振に倒れたものの、第2打席では東克樹が投じた初球の141キロをライトスタンドへ。リードを3-0に拡げる8号ソロを叩き込む。

 さらに左飛を挟んで6回の第4打席、今度は左腕の田中健二朗と対峙すると、甘く入って来た速球を完璧にとらえてセンターへ。バックスクリーン右へこの日2本目のアーチを架けた。

 これで今季は41試合の出場で打率.288・9本塁打・22打点。本塁打数は12本でトップに並ぶ村上宗隆(ヤクルト)と岡本和真(巨人)に次ぐリーグ3位につけている。



 15日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した真中満氏は「去年はかなりインコースを攻められて、終盤戦で失速しましたよね。それが1打席目の本塁打を見ると、インコースにもうまく対応ができるようになっている」と、若き大砲の進化について指摘。

 2本の本塁打を振り返って「このまま行けばシーズンを通して戦えるのではという印象を受けた」と期待を寄せ、「今年は本塁打王争いまで行くんじゃないかというくらい」と今後の爆発を予想した。


 同じく番組に出演した齊藤明雄氏は「ピッチャーからすると、1本目は本当に上手く打たれたなという感じ。インサイドのボールに肘をたたんで」と投手目線から見ても“あっぱれ”の一打であったことを強調。

 また、佐藤の進化に関しては「軸がブレていない。相手が投げてくるボールの読みも当たっているのかなと」とし、昨年から培ってきた経験値についても言及した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西