ニュース 2022.05.18. 07:29

広島が痛恨のサヨナラ負け…斎藤氏「栗林が投げられないなら9回に点を取りにいく手も…」

無断転載禁止
広島・佐々岡真司監督

悔やまれる9回の攻撃での決断


 広島は9回に2点差をひっくり返され、手痛い逆転負けを喫した。

 5年目右腕の遠藤淳志は5回までわずか1安打と上々の内容でゲームメイク。8回終了時点で球数は100球を越えていたものの、2点リードで迎えた9回表一死満塁のダメ押しチャンスも、広島ベンチは遠藤をそのまま打席へ。ここで遊ゴロ併殺に倒れ、追加点を奪えないまま9回裏の守りに突入した。

 すると最終回、イニング先頭の2番・ウォーカーと3番・吉川尚輝に連打を浴び、4番・岡本和真には制球ままならず四球。無死満塁の大ピンチを招いたところで、広島ベンチはようやく投手交代を決断し、左腕のターリーに火消しを託したが、ポランコに左前打、続く中島宏之に左越えの決勝打を許し大逆転負け。

 17日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でMCを務めた大久保博元さんは「栗林が投げられないという情報が後から入ったんですけど、(9回に)代打でもう1点取るという選択肢はなかったんですかね」と9回表一死満塁でピッチャーの遠藤にそのまま打席に送ったことについて疑問を呈すると、番組に出演した斎藤雅樹さんは「栗林が投げられないということであれば点を取りにいく手もあった」と私見を述べた。

 同じく解説を務めた松中信彦さんも「ここで1点取れれば全然違っていた」と同調し、「(代打を送らなければ)ゲッツーは一番最悪なケースなので(遠藤は)三振でもよかったのでは」と先頭の中村健人まで回すというベンチの判断があってもよかったとの見解を示した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西