ニュース 2022.05.18. 20:55

阪神・西純矢がプロ初完投で2勝目 初本塁打に声弾む「ビックリしました」

無断転載禁止
阪神 西純矢
2022.05.18 18:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 8 阪神タイガース
神宮
● ヤクルト 1 - 8 阪神 ○
<11回戦・神宮>

 阪神の高卒3年目右腕・西純矢投手(20)がプロ初完投で今季2勝目。打ってもプロ初本塁打となる1号2ランを放ち、投打に躍動した。

 阪神打線は初回に3番・マルテが1号先制ソロを放つと、2回二死一塁の場面で「8番・投手」で起用された西純が高橋奎二のストレートを左翼席を放り込みプロ初ホームラン。3回には5番・大山悠輔にも3ランが飛び出し、3本塁打6得点で高橋をノックアウトした。

 6点リードの6回には4番・佐藤輝明にも10号ソロが飛び出しクリーンナップ揃い踏み。全8得点中7点を4本塁打で叩き出す一発攻勢で、ヤクルト投手陣を打ち込んだ。

 序盤から援護に恵まれた西純は、走者を背負いながらも要所を締める投球でスコアボードにゼロを並べ、失点は6回に山田哲人に許したソロホームランによる1点のみ。9回の最終打者・長岡秀樹に対して150キロを計測するなど球威が衰えることなく、9イニング・115球を投げ6安打1失点、無四球7三振の内容で今季2勝目を飾った。

 試合後のヒーローインタビューでは、「(坂本)誠志郎さんのリードのおかげで最後まで投げられました。最後は気持ちでいくしかないと思っていました」と自身の投球を振り返り、2回のプロ初本塁打には「待っているところにきて、振ったら入ってビックリしました。打った瞬間いったと思ったので、嬉しかったです」と声を弾ませた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西