ニュース 2022.05.19. 07:14

平松氏「こんなに嬉しいゲームはない」投打に躍動した阪神の新星を評価

無断転載禁止
阪神 西純矢
2022.05.18 18:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 8 阪神タイガース
神宮

3年目の成長を結果でアピール


 阪神の高卒3年目右腕・西純矢投手(20)は18日、敵地でのヤクルト戦に先発し、プロ初完投で今季2勝目。打ってもプロ初本塁打となる1号2ランを放ち、投打に躍動した。

 西純は初回を無失点に抑えると、2回の第1打席に相手先発・高橋奎二の直球を強振し、打った瞬間に“確信”の一発を左翼席へ。味方打線の援護も受けながら、セ・リーグ首位のヤクルト打線を9回6安打1失点に抑え込んだ。

 同日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の平松政次さんは、「ピッチャーとしては完投してホームランを打って、こんなに嬉しいゲームはないですよ」と、若虎が投打に渡って活躍した一戦を振り返った。

 また、「良いピッチャーに育ってますよ。バッティングも良いし、体格も良いしね。今年の1試合目を見たときに勝ちましたけど、これは良いピッチャーだなと思いましたね。本当に成長しました」と“本業”の投手としての西純についても好評していた。

 これで西純は5月1日の今季初登板から3試合続けてクオリティースタート(6回以上自責点3以下)をマークしており、防御率は2.05まで良化。猛虎逆襲へ向けて、楽しみな新星が台頭してきた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西