ニュース 2022.05.19. 21:12

ロッテはリリーフ崩れ痛恨の逆転負け 佐々木千が大乱調で7回に一挙6失点

無断転載禁止
選手交代を告げるロッテ・井口資仁監督(C)Kyodo News
2022.05.19 18:00
千葉ロッテマリーンズ 2 終了 7 東北楽天ゴールデンイーグルス
ZOZOマリン
● ロッテ 2 - 7 楽天 ○
<11回戦・ZOZOマリン>

 ロッテは逆転負けで連勝2でストップ。今季2度目の同一カード3連勝を逃した。

 打線は2回に5番・レアードの5号ソロ、4回に3番・マーティンが2試合連発となる3号ソロを放ち、頼れる大砲コンビのアーチで主導権を奪取。先発の河村説人も6イニングを西川遥輝のソロ被弾による1失点に抑え、勝利投手の権利を手に降板していた。

 しかし、1点リードの7回に登板した2番手・佐々木千隼が大乱調。イニング先頭の鈴木大地に左越え二塁打を許すと、犠打を挟んで3連続四球を与え押し出し。3番・浅村栄斗は空振り三振に仕留め、持ち直したかと思われたが、続く島内宏明にも押し出し四球を与え逆転を許した。

 さらに、二死満塁で火消しを託された3番手・小野郁は、テンポよく2球でマルモレホスを追い込むも、カウント2-2から甘く入ったスライダーを右翼席に放り込まれ痛恨の満塁ホームランを被弾。まさかの1イニング6失点で試合を決められた。

 ロッテは2連投中だったクローザーの益田直也がベンチ入りメンバーから外れており、佐々木千にとっては今季初めて僅差でリードしている場面での登板。

 抜群の安定感で昨季のブルペンを支えた背番号11は、打者7人に対し37球を投じ、1安打4四球1三振、0回2/3で5失点と精彩を欠き、今季初黒星を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西