ニュース 2022.05.20. 07:14

巨人・大勢が好救援で16セーブ! 齊藤氏「マウンドで逃げないですよ」

無断転載禁止
巨人・大勢 (C) Kyodo News

9回満塁のピンチを切り抜ける


 巨人の守護神・大勢がリーグトップの16セーブ目を記録した。

 2-1の9回一死一・二塁の場面で、先発・菅野智之の後を受けて登板した大勢は、坂倉将吾に死球を与えたが、小園海斗をフォークで中飛。最後は野間峻祥をフォークで空振り三振に仕留め、リーグトップの16セーブ目をマークした。

 19日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でMCを務めた高木豊さんは9回のピンチで登板した大勢について「どうなることかと思いましたが、1年目ですよ」とルーキー離れしたピッチングを称賛。

 解説を務めた齊藤明雄さんは「マウンドで逃げないですよ。攻めのピッチングをしているから際どいコースにも投げれるし、満塁になっても開き直れたと思います」とマウンドでの姿勢を評価。今季初めてイニング途中での登板となったことは「これがまた明日も続くとなると胃が痛いと思いますよ」と1年目で守護神を任せられる重圧に同情のコメントを寄せた。

 同じく解説を務めた大矢明彦さんは「開幕戦のときにバタバタしたけどあれを乗り切ってから自分の持っているものをほんと素直に投球に出していると思います」と語り、「あそこで出ていく大勢も大変だったと思うけど、使う監督も度胸があるなと思いましたね」と原監督の決断力も評価した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西