ニュース 2022.05.20. 11:53

鈴木誠也、4の0で連続試合安打は7止まり 守備ではメジャー初失策の悪送球

無断転載禁止
2回の第1打席、見逃し三振に倒れ天を仰ぐ鈴木誠也
● カブス 1 - 3 ダイヤモンドバックス ○
<現地時間5月19日 リグリー・フィールド>

 カブスの鈴木誠也外野手(27)が19日(日本時間20日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に「4番・右翼」で先発出場。この日は攻守ともに良いところがなく、4打数無安打で8試合ぶりのノーヒットに終わった。

 7試合連続安打中の鈴木。今季ここまで防御率1.05のダイヤモンドバックス先発右腕・ゲーレンと対戦し、イニング先頭だった2回の第1打席は見逃し三振。追い込まれたあと内角に来た抜け気味のカットボールを見送ったが、ストライクと判定され天を仰いだ。

 一死一塁だった4回の第2打席は、初球のカットボールを打つもボテボテの三ゴロ。再び先頭だった6回の第3打席は、2番手右腕・ポッぺンの前に見逃し三振に倒れた。

 2点を追う8回の第4打席は、4番手右腕・ケネディと対戦し一失で出塁。初球を打ち損じた飛球を一塁手が落球し、カブスはそのあと二死二、三塁の好機を迎えたが、7番・ウィズダムが空振り三振に倒れ追いつくことができなかった。この日の鈴木は4打数無安打2三振。連続試合安打は7でストップし、打率は.248となった。

 守りでは4回、二死二塁で5番・ロハスが放った右前打を捕球し、本塁生還を狙った二走・マルテを刺そうとバックホーム。これが一塁側に逸れる間に打者走者のロハスに二塁進塁を許しメジャー初失策を記録した。次打者の中前適時打で二走・ロハスが3点目となる生還。悪送球が追加失点に直結してしまった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西