ニュース 2022.05.25. 06:14

DeNAは“1番・佐野”ハマり交流戦白星発進「今年もいいきっかけになるように」

無断転載禁止
DeNA 佐野恵太[写真=萩原孝弘]
2022.05.24 18:00
横浜DeNAベイスターズ 4 終了 3 福岡ソフトバンクホークス
横浜
○ DeNA 4 - 3 ソフトバンク ●
<1回戦・横浜>

 DeNAは佐野恵太を「1番」に起用した番長采配がズバリ的中。リードオフマンを任されたキャプテンが追い上げの本塁打を含む猛打賞の活躍で、交流戦初戦をモノにする原動力となった。

 初回2点を先行された裏の攻撃、プロ6年目にして初めて1番に入った佐野恵太は、ソフトバンク先発・石川柊太のカットボールをセンター前に運びチャンスメイク。得点には繋がらなかったが、打線に勢いを付けることに成功し、3回には先頭打者としてライトスタンドへ豪快にソロホームランを放ち、追い上げムードを演出した。5回にも先頭打者として右前へのクリーンヒットで出塁し、リードオフマンとして十分な活躍を見せた。

 キャプテンのバットに導かれるように、4回に嶺井博希が同点適時打、6回には代打・大和の勝ち越し適時打で逆転に成功。再び同点とされるも、8回に又吉克樹を二・三塁と攻め立て、バッテリーミスで再び勝ち越し。3得点いずれも二死から奪い、これまでとはひと味違う粘り強さを感じさせる攻撃だった。

 佐野の1番起用について、三浦大輔監督は、高い出塁率を誇る佐野の打撃の状態と、4番・牧秀悟の前でチャンスメークするための形を模索した結果のラインナップだったと説明。

 佐野は野球人生初めての1番打者だったようで、「違和感しかなかったです。打順が回ってくる感覚も早く感じました」と苦笑い。それでも「違和感をうまく感じながらやってました」と3安打1得点の活躍を振り返った。

 交流戦初戦、強敵のソフトバンクに快勝し、キャプテンは「去年も交流戦で、チームの流れをいい方向に変えることができたので、今年も交流戦がいいきっかけになるように頑張りたい」とチームの思いを代弁。昨年交流戦3位からのジャンプアップに向け、まずは好スタートを切った。

写真・取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西