ニュース 2022.05.25. 07:29

ロッテの髙部が2安打・3得点で打線を牽引 井端氏「最高の1番バッター」

無断転載禁止
ロッテ・髙部瑛斗

新たなリードオフマンとして台頭


 ロッテの髙部瑛斗が2安打、3得点の活躍でチームの交流戦白星スタートに貢献した。

 1番・レフトで先発出場した髙部は、1回に左前安打で出塁すると、2番・中村奨吾の打席ですかさず今季14個目の盗塁に成功。中村奨の進塁打で三塁まで進むと、マーティンの犠牲フライで先制のホームを踏んだ。
 6回には先頭で2塁打を放ち、送りバントで3塁に進塁するとマーティンの内野ゴロの間に本塁に生還。この試合で2安打、3得点と打線を牽引しチームを勝利に導いた。

 24日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』にMCを務めた大久保博元さんは「5試合連続ヒットですよ。ずっとファームで評判が良かった選手。開幕してから良いのか悪いのかと言っていましたけどやっときましたね」と3年目でレギュラーの座を掴んだ髙部の成長を称賛。

 解説を務めた真中満さんも「バッティングもいいんですけど、彼の魅力は足ですよね。これだけ足でプレッシャーを掛けられると戦っている相手も非常に嫌な存在になってきましたよ」と評価。

 番組に電話出演した井端弘和さんも「やるべきことを分かっているなと思います。打って走ってうまくワンアウト3塁を作って犠牲フライでも内野ゴロでもホームインですから。最高の1番バッターだと思いますね」とロッテの新たなリードオフマンのさらなる活躍に期待を込めた。

 今季、全試合で1番で先発出場している髙部はここまで、打率.282(リーグ7位)、53安打(リーグトップタイ)、14盗塁(リーグトップタイ)を記録するなど、首脳陣の起用に応える活躍を見せている。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
 

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西