ニュース 2022.05.25. 06:59

阪神・大山が攻守両面で勝利に貢献 真中氏「よくやっていると思いますよ」

無断転載禁止
阪神・大山悠輔 (C)Kyodo News
2022.05.24 18:00
阪神タイガース 1 終了 0 東北楽天ゴールデンイーグルス
甲子園

左翼でチームを救うハッスルプレー


 阪神の大山悠輔が24日、本拠地・甲子園で行われた楽天戦に「5番・左翼」で先発出場し、チームを勝利に導く活躍をみせた。

 両軍スコアレスで迎えた6回表、二死一塁の場面で渡邊佳明の打球が左翼ポール際を襲い、左翼手の大山は猛チャージをかけてフェンスに激突しながらジャンピングキャッチ。抜ければ失点かと思われた打球をハッスルプレーでもぎ捕った。

 すると直後の6回裏、大山は二死二塁のチャンスで、カウント2-2から相手先発・田中将大のカットボールを中前へ弾き返し先制適時打。結果的にこの一打が阪神を勝利に導く決勝打となった。

 同日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の井端弘和さんは、「ミートに徹した1点を取りにいく打撃をしたのが良かった。この前の打席は結構甘い球をフルスイングしてのファーストフライだったんですけど、前の打席をいかしてのバッティングが良かった」と、大山の打撃内容を評価。

 また、同じく番組に出演した真中満さんは、「今年はポジションも変わって大変な部分があると思いますけど、よくやっていると思いますよ。あのレフトフライは浜風で流れる打球なので結構難しい。いいプレーでしたよ」と、決勝打直前に見せた好守に賛辞を送っていた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西