ニュース 2022.05.28. 13:02

澤村拓一、火消し失敗で1回1失点 レッドソックスは6点リード守れず逆転負け

無断転載禁止
9回表、暴投で三塁走者の生還を許したレッドソックスの澤村(中央)
● レッドソックス 8 - 12 オリオールズ ○
<現地時間5月27日 フェンウェイ・パーク>

 レッドソックスの澤村拓一投手(34)が27日(日本時間28日)、本拠地でのオリオールズ戦に救援登板。1回2安打1失点で3試合ぶりの失点を記録し、防御率は3.60となった。

 レッドソックスは先発・ウットロックが6回2失点と好投。打線も序盤から得点を重ね8-2と6点リードで終盤7回を迎えた。しかし、リリーフ陣が大誤算。2番手・ディークマン、3番手・シュライバーが踏ん張れず、8回に8-8の同点に追いつかれた。9回は4番手のストラームがイニングを跨いで登板したが、先頭から3連打を浴び勝ち越し点を献上。なおも無死一、三塁のピンチで澤村がマウンドに上がった。

 澤村は先頭のヘイズに四球を与え、続くラッチマンは二ゴロに仕留め本塁封殺としたが、続くマウントキャッスルの打席で暴投。三塁走者の生還を許し8-10とされた。マウントキャッスルには中犠飛を許し8-11。さらに、続くオドルには左前適時打を許し、レッドソックスは9回だけで計4失点となった。

 火消しを託された澤村だったが、1イニングで打者6人と対戦し2安打1四球1失点の内容。レッドソックスは7回以降の3イニングで大量10点を失い、4人のリリーフ投手は全員が失点を記録してしまった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西