ニュース 2022.05.28. 16:13

DeNA・上茶谷が3回持たず10失点KO… 二死から山川に16号弾許し猛攻浴びる

無断転載禁止
DeNA 上茶谷大河
2022.05.28 14:00
埼玉西武ライオンズ 10 終了 5 横浜DeNAベイスターズ
ベルーナドーム
西武 - DeNA
<2回戦・ベルーナドーム>

 DeNAの上茶谷大河投手は28日、敵地での西武戦に先発するも、3回途中9安打10失点(自責点8)でノックアウトされた。

 2回に7番・オグレディに4号2ランを浴び先制を許すと、3回は二死一塁の場面で4番・山川穂高にバックスクリーンへ飛び込む16号2ランを被弾。第1打席から多投していたスローカーブを狙い打たれる痛恨の失点となった。

 二死無走者となり、4点ビハインドのまま立て直したいところだったが、ここから連打と四球で満塁のピンチを招き、8番・岸潤一郎のふらふらっと上がった中前打に対し中堅手・関根大気がダイビングキャッチを試みるも後逸。ボールが転々とする間に満塁の走者が一気に生還し、さらに2連続タイムリーで9失点。上茶谷はこのイニングだけで7安打の集中打を浴び、11人目の打者となった2番・外崎修汰に四球を与えたところで降板した。

 後を受けた宮国椋丞は投手強襲の内野安打で満塁としながらも、山川を三ゴロに打ち取り猛攻を断ち切ったかと思われたが、この打球を宮﨑敏郎が痛恨のファンブル。DeNAは関根の安打処理を誤った後逸、一塁手・倉本寿彦の悪送球に続き、このイニングだけで3つ目の失策が出てしまい、序盤3イニングで2ケタ10失点となった。

 2回2/3(92球)で降板した先発の上茶谷は、打者20人に対し2本塁打を含む9安打、3四球、10失点(自責点8)。完封した4月16日・ヤクルト戦以来の今季3勝目とはならず、6試合白星なしとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西