ニュース 2022.05.29. 06:44

明暗分かれたセパ首位対決… 大矢明彦氏が語った2つの“分岐点”とは?

無断転載禁止
首位を走るヤクルトナイン
2022.05.28 14:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 4 終了 11 東京ヤクルトスワローズ
楽天生命パーク

1つのアウト、1本の安打で流れが燕へ…


 セパ両リーグの首位対決第2ラウンドは、ヤクルトが試合中盤に一挙7得点で逆転し大勝。前年王者が敵地で楽天に2連勝を収め、カード勝ち越しを決めた。

 試合は4回までに楽天が3点を先行するも、ヤクルトは5回先頭・中村悠平の中安打をキッカケに一・二塁のチャンスを迎え、7番・オスナが同点3ラン。さらに2番・山崎晃大朗の適時内野安打で逆転に成功し、楽天先発の早川をノックアウトすると、3番・山田哲人の2ラン、中村の適時打と集中打で畳み掛け、一気に突き放した。

 28日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の大矢明彦さんは、「今日の早川だったら良いゲームになるだろうなと思ったんですけど、本当にワンチャンスでしたね。小さなところからスキを突いて、オスナの3ランにつなげていっちゃう。勝負どころを打線が逃さずに捕まえていく、その怖さを十二分に発揮している」と、交流戦でも首位に立つヤクルト打線の状態を評した。

 同番組で試合の解説を務めた大矢さんが試合の分岐点として上げたのは、「3回裏の盗塁刺」と「5回表の先頭打者に対する投球」だった。

 3回裏は楽天が1点を先制した次のイニング。ヤクルトは先発・高梨裕稔がなかなか波に乗り切れないなか、楽天の先頭打者・西川遥輝に四球で出塁を許し、続く2番・小深田大翔への2球目に二盗を仕掛けられたが捕手の中村が盗塁刺。

 大矢さんは「おそらく握り損なっているんですけど、それでもワンバウンドを低く投げているのでアウトになった」と中村のプレーを称え、「今日の高梨の状態で、このスチールが生きていたら、かなりの確率でこの回失点して、楽天のペースになったかもしれない。あのアウトはすごく大きなアウトでした。(流れを)食い止めたスチールアウトだった」と、序盤のピンチの芽を摘むビッグプレーだったと強調した。

 2つ目のポイントとなった5回表は、3点ビハインドのヤクルトが7得点を挙げたイニング。楽天先発の早川は先頭打者の中村をテンポよく2球で追い込むも、3球目のサイン交換で女房役・太田光となかなか呼吸が合わず、何度も首を振って投じたカーブを中前安打とされた。

 バッテリーのすれ違いから生まれた安打をキッカケに7点のビッグイニング。大矢さんは「とても良いリズムで投げていて、中村を追い込むまでは良かったんだけど、3球目で“よし3球で斬っちゃおう”というところで自分の投げたいサインが出てこないとイライラしちゃうようなケースもあるのかな…。すごくもったいない投球だった。1本のヒットでそれまでよかった真っ直ぐもチェンジアップも見切られるようになっちゃった」と、5回途中5失点で3敗目を喫した早川の投球を振り返った。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西