ニュース 2022.06.05. 06:44

楽天ミス連発で3連敗…高木豊氏は早川に同情「悪いことをしていない小学生が立たされているよう」

無断転載禁止
楽天・早川隆久
2022.06.04 14:00
横浜DeNAベイスターズ 6 終了 1 東北楽天ゴールデンイーグルス
横浜

ここで代えるの…?早くない?


 楽天は攻守にミスが続出し3連敗。DeNAとのカード3戦目を残し、3カード連続の負け越しが決まった。

 楽天は1-1の3回表に一死二・三塁のチャンスを迎えたが、浅村栄斗の三ゴロで三塁走者・早川隆久がスタートをきっていないにも関わらず、二塁走者・西川遥輝が飛び出してしまい、2つのアウトを献上して攻撃終了。

 先発の早川が尻上がりの投球で粘投していたなか、6回裏の守りでは一死一塁の場面で5-4-3の併殺かと思われたところで、二塁ベースに入った浅村栄斗がまさかの落球…。楽天ベンチは2番手・西口直人を投入し火消しには成功したが、約1カ月白星から遠ざかっている先発・早川を5回1/3、球数80球、6安打1失点で降板させる結果になってしまった。

 また、7回表一死二塁の一打勝ち越しのチャンスの場面では、鈴木大地の代走で出場した山﨑剛が、直後の銀次の二直で飛び出してしまう痛恨の走塁ミス。直後の7回裏に一挙4得点を奪われて試合を決められた。

 4日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の高木豊さんは、楽天の敗戦に「当然ですよね。ミスが多すぎる。徹底されていないミスもあれば、軽率なプレーもある」と厳しい指摘をした一方で、早川を降板させたタイミングに注目。

 早川は同点の6回に浅村のエラーで迎えた一死一・二塁のピンチで降板を命じられたが、「立ち直ってきているので、下位打線だし…と思ったら代えるんですよ。これは悔しかったと思いますね。何も悪い事していないのに廊下に立たされた小学生みたい」と高木さん。楽天首脳陣の西口投入に理解を示しつつ、ベンチで悔しそうな表情を浮かべる左腕の心中を推し量り、6回は早川続投でもよかったとの見解を示した。

 この主張には、同じく番組に出演した五十嵐亮太さんも「決して内容が悪かったわけじゃなかったので…」と同調。高木さんは「こういうことをやると選手のモチベーションが下がるんじゃないかなと思う。エラーを憎むだろうし、早川はこのところ勝っていなかったので、悔しかったと思う」と、最後まで背番号21への同情を続けた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西