ニュース 2022.06.08. 06:59

3者連続の初球攻撃で一気呵成! オリ“打線”上昇気配で交流戦V見えた

無断転載禁止
オリックス・福田周平 (C) Kyodo News
2022.06.07 18:00
オリックス・バファローズ 6 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪

正尚不在も打線活発!


 オリックスは6月無傷の6連勝。本拠地にヤクルトを迎えたカード初戦を快勝した。

 オリックスは3回に9番・伏見寅威と1番・福田周平の連続二塁打と、3番・中川圭太の左前適時打で2点を先制。4回表に先発の山岡泰輔が制球を乱し1点差とされるも、直後の裏の攻撃で5番・マッカーシーが特大2号ソロを右翼席上段に放り込み再び2点差に。

 2点リードで迎えた5回は、1番・福田の中安打を口火に、宗佑磨の右安打、中川圭の犠飛と、3者連続の初球攻撃で加点。さらに4番・杉本裕太郎とT-岡田も適時打で畳み掛け、サイスニードを5回途中11安打6失点でノックアウトした。

 7日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の谷沢健一さんは、「ヤクルトのサイスニードもそんなに悪くなかった。それを崩したのが5回のオリックスの攻撃。1・2・3番の積極スイングだった」と、3者連続の初球攻撃で4点目を奪ったオリックス上位打線の働きに注目。

 また、同じく番組に出演した阿波野秀幸さんは、「この後の杉本も調子がいい。T-岡田も戻ってきて仕事をするということで“打線”になっていますよね」と、つながりを見せたオリックス打線を評価した。

 今季のオリックスは各選手の打撃不振、コロナ離脱、吉田正尚の故障離脱などアクシデントが相次ぎ、なかなかラインナップが定まらなかったが、この試合では昨季のリーグ優勝を牽引した福田・宗の1・2番コンビの後ろに中川圭が起用され、上位3人で合計10打数5安打3得点3打点の活躍。

 交流戦に入ってから打率.440、3本塁打と状態を上げている杉本、5月中旬から合流したマッカーシー、故障で出遅れていたT-岡田もそれぞれ打点を挙げる理想的な攻撃で白星を掴んだ。

 故障明けの吉田正尚をスタメンから外しながら快勝を収め、反撃ムードが高まる6月。気づけば交流戦首位のヤクルト・阪神と1差の好位置につけており、球団史上初の交流戦連覇も視野に入ってきた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西