ニュース 2022.06.12. 16:53

日本ハム・加藤、7回無失点で3勝目 交流戦防御率0.00、26イニング無失点!

無断転載禁止
日本ハム・加藤貴之 (C)Kyodo News
2022.06.12 14:00
北海道日本ハムファイターズ 2 終了 0 中日ドラゴンズ
札幌ドーム
○ 日本ハム 2 - 0 中日 ●
<3回戦・札幌ドーム>

 日本ハムは中日に3連勝し、8勝10敗で交流戦終了。7回無失点で3勝目(4敗)を挙げた加藤貴之投手(30)は、交流戦を4試合連続無失点で終えた。

 中4日の加藤はこの日も低めを丁寧に突く安定投球。初回と2回は先頭打者の出塁を許したが、女房役の石川亮が好守で併殺を完成させるなどバックも堅い守備で盛り立てた。中盤以降も要所を締め、7回79球、6安打無失点の力投。これで5月24日のヤクルト戦(神宮)で7回無失点、同31日の広島戦(マツダ)は6回無失点、6月7日のDeNA戦(札幌ドーム)は6回無失点、そしてこの日は7回無失点で計26イニング連続無失点とし、防御率0.00で今季の交流戦を終えた。

 打線は3回、リーグ首位打者の1番・松本剛が、適時二塁打を左中間へ運び先制。6回は3番・清宮の中前適時打で2点目を加えた。これまで援護が少なかった加藤にとっては待望の得点。松本剛は4打数4安打1打点の活躍で打率を.358に上げた。

 2点リードの8回以降も吉田、北山が無失点リリーフ。加藤は2勝目を挙げた4月19日の楽天戦(楽天生命パーク)以来の白星、北山は7セーブ目(3勝3敗)を記録した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西