ニュース 2022.06.13. 13:59

ヤクルト・村上が交流戦MVP 日本生命賞には阪神・大山とオリックス・杉本

無断転載禁止
交流戦で大暴れを見せたヤクルトの主砲・村上 (C) Kyodo News

各球団の主砲が活躍


 日本野球機構(NPB)は13日、『日本生命セ・パ交流戦』の個人表彰を発表。

 12球団から最も活躍した選手に贈られる最優秀選手賞(MVP)には、優勝したヤクルトの主砲・村上宗隆選手(22)が選ばれた。




 村上はこの交流戦で全18試合に「4番・三塁」でフル出場。打率.351は全体4位の好成績で、同2位タイの6本塁打を放つ大暴れ。最多の18四球を選び、出塁率.507も全体トップの成績だった。

 さらに勝ち越し打が2本、逆転打が2本にサヨナラ打も1本と持ち前の勝負強さをいかんなく発揮。チームを交流戦優勝に導く原動力となった。

 なお、村上には日本生命保険相互会社から賞金200万円が贈られる。



 また、MVP以外にセ・パ両リーグから各1名ずつ活躍した選手に贈られる「日本生命賞」には、阪神の大山悠輔選手(27)とオリックスの杉本裕太郎選手(31)がそれぞれ選出された。

 大山は全18試合にスタメンで出場し、本塁打7と打点21で打撃二冠を達成。先制打を6度記録するなど、リーグ戦で苦しんでいたチームを交流戦で快進撃へと導いた。

 杉本も全18試合にスタメン出場。打率.391は全体トップの好成績だった。18戦中15試合で安打を放ち、うち9試合でマルチ安打をマーク。27安打も全体トップだった。

 両選手には日本生命保険相互会社から賞金100万円が贈られる。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西