ニュース 2022.06.18. 13:51

広島が高卒3年目の持丸を支配下登録 昨季二軍で最多マスク「将来的には正捕手を」

一軍での経験を糧に成長する有望株


 広島は18日、育成登録だった持丸泰輝選手(20)と支配下契約を結んだと発表した。背番号は「123」から「95」に変更となる。

 持丸は旭川大高から2019年の育成ドラフト1位で広島に入団した高卒3年目の捕手。昨季はファーム公式戦でチーム最多となる308回1/3でマスクを被り、今春は一軍キャンプに招集されるなど、期待を寄せられていた。

 今季は17日終了時点でファーム公式戦34試合に出場し、打率.230、2本塁打、9打点をマーク。

 悲願の支配下昇格を果たした持丸は、「素直に嬉しいです。キャンプ、オープン戦の期間で勉強させてもらい、その経験がここまでのモチベーションにつながりました。将来的には、正捕手を獲れる選手を目指してやっていきたいです。これからも応援よろしくお願いします」と、球団公式HPを通じてコメントした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西