ニュース 2022.06.21. 21:12

西武・松本「意識せずゼロで帰ってこようと」8回二死までノーノー投球で4勝目

無断転載禁止
21日、ロッテ戦で好投した西武・松本航
2022.06.21 18:00
千葉ロッテマリーンズ 0 終了 3 埼玉西武ライオンズ
ZOZOマリン
● ロッテ 0 - 3 西武 ○
<9回戦・ZOZOマリン>

 西武の松本航投手(25)は8回二死まで無安打投球の快投を見せ、今季4勝目(2敗)を手にした。2連戦のカード初戦を制したチームは勝率5割に復帰し、ロッテをかわして単独3位に浮上した。

 松本は4回に失策と四球、6回に四球と盗塁で得点圏に走者を背負ったものの、要所を締める投球で無安打無失点ピッチング。同世代の相手先発・小島和哉の前に、味方打線も6回までノーヒットに抑え込まれていたが、7回に源田壮亮、ブライアン・オグレディ、山川穂高の3連打で先制に成功。援護点をもらった松本は直後の7回裏を三者凡退に抑え、大記録達成も視野に捉えていた。

 しかし、3-0とリードが拡がった直後の8回二死の場面、28人目の打者となった1番・荻野貴司に初球のカットボールを左翼線に弾き返され、今季5人目の快挙達成とはならず。この時点で球数が109球に到達していたこともあり、西武ベンチはキッパリと投手交代を決断。残る4つのアウトをセットアッパーの平良海馬、クローザーの増田達至の盤石のリレーでつなぎ、完封リレーで締めくくった。

 松本は7回2/3を1安打無失点、3四球3三振の内容で4勝目。新型コロナウイルスの影響で離脱していたこともあり、4月13日・日本ハム戦以来、自身2カ月ぶりの白星となった。

 試合後のヒーローインタビューでは、久々の勝利に「ホッとしてます」と安堵の表情。あとアウト4つに迫っていたノーヒットノーランについては、「僕自身は意識せずに、本当にゼロで帰ってこようという気持ちで毎イニング投げていました」と淡々と振り返った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西