ニュース 2022.06.21. 21:50

中日がヤクルトの連勝を8で止める サヨナラ打の三ツ俣「いい流れを明日に」

無断転載禁止
中日・三ツ俣大樹 (C) Kyodo News
2022.06.21 18:00
中日ドラゴンズ 2 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
バンテリンドーム
○ 中日 2x - 1 ヤクルト ●
<9回戦・バンテリンドーム>

 中日は今季5度目のサヨナラ勝ち。快進撃を続けていた首位・ヤクルトの連勝を「8」で止めた。

 中日打線はヤクルト先発・小川の前に7回までわずか1安打。それでも1点を追う8回、無死一、三塁の好機を作り、代打・溝脇の併殺打の間に同点に追いついた。

 延長10回はヤクルト2番手・今野を攻め二死満塁の好機。ここで高津監督が左腕の田口にスイッチすると、立浪監督は京田の打順で代打・三ツ俣をコール。三ツ俣はカウント1-2と追い込まれたが、4球目の直球を左前へ弾き返し試合を決めた。

 先発の小笠原は、好調なヤクルト打線を相手に8回3安打1失点の力投。同点に追いついたあとはR.マルティネス、ロドリゲスが1イニングずつゼロを刻み、三ツ俣のサヨナラ打により3番手のロドリゲスに3勝目(2敗)が転がり込んだ。

 代打で大仕事を成し遂げた三ツ俣は「監督から『真っ直ぐかスライダーか、腹をくくって行け』と言われたんですけど、2球で簡単に追い込まれてしまって頭が真っ白になりました。ヒットになってくれてよかった」とサヨナラの場面を回顧。「僕たちは1戦1戦、戦っていくだけだと思ってますし、このいい流れを明日に持って行って、また勝てるように頑張ります」と、さらなる首位叩きを誓った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西