ニュース 2022.06.22. 15:34

オリ・宮城がトップと1差の6勝目 「いろいろな球で勝負できた結果」

無断転載禁止
オリックス・宮城大弥 (C) Kyodo News

「良いピッチングが継続できるように頑張りたい」


 オリックスは21日、首位・ソフトバンクとの2連戦に先勝。

 先発した宮城大弥は序盤から走者を背負う展開も、粘り強く投げ進めて7回1/3を5安打・7奪三振で2失点。リーグトップを走る山本由伸に1勝差と迫る、リーグ2位タイの6勝目を挙げた。




 打線は1点を追う4回、安達了一と中川圭太の連続二塁打で追いつき、7回に紅林弘太郎が2号勝ち越しソロ。

 力投する宮城に援護点をプレゼントすると、さらに一死満塁のチャンスで杉本裕太郎が適時打。T-岡田の併殺崩れの間にもう1点を挙げ、4ー1とリードを広げた。

 その後は8回に近藤大亮が宮城の出した走者を還し、9回は平野佳寿が1点を失ったものの、リードは死守して4ー3の逃げ切り勝ち。宮城に6勝目がついた。



 「ストライク先行できた部分も良かったですし、ランナーが出ても落ち着けたのが良かった」と宮城。

 手応えを口にしつつ、課題には「先頭を出して近藤さんに渡したのは反省」と途中降板となった8回の場面を指摘。「ランナーなしの状態で渡せたら…」と悔しさを語ったが、6勝目を挙げられた点については「いろいろな球で勝負できた結果なのかなと思う」と前向きに捉えた。


 中嶋聡監督も「投手がしっかりと頑張って、粘って抑えて。非常に良い勝ち方ができたのかなと思います」と投手陣の奮闘を称える。

 宮城の投球についても、「非常にキレのあるボールを投げていた。横で見ていてもボールに力があるなと思いましたし、コントロールもよく操れているように見えました」と状態の良さを感じ取った様子。

 また、紅林の勝ち越し弾には「大きいホームラン。ボールの見方とか、変なボールを振らなくなったのは良い状態なのかなと思う」と復調の気配を感じ取りながら、「結果も良かったですし、どんどん打ってくれれば。やっと思い切って振れるようになってきた」と今後の爆発に期待を寄せた。

 これで借金は「4」となり、首位のソフトバンクとも7ゲーム差。良い流れで迎える2連戦の2戦目、勝ってさらに勢いに乗って行きたい。


取材・文=どら増田



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西