ニュース 2022.06.22. 21:32

中日・根尾が“投手”登録後初登板 ヤクルト打線を三者凡退に抑える好投

無断転載禁止
中日・根尾昂 (C) Kyodo News
2022.06.22 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 7 東京ヤクルトスワローズ
バンテリンドーム
● 中日 3 - 7 ヤクルト ○
<10回戦・バンテリンドーム>

 中日の根尾昂投手(22)が22日、本拠地でのヤクルト戦にリリーフ登板し、1回1三振無失点と好投した。

 前回登板から中2日で登板した根尾の出番は、4点ビハインドの8回表だった。先頭の長岡秀樹を147キロの速球で二ゴロに打ち取ると、代打・川端慎吾もカウント1-2から139キロのスライダーで二ゴロ。続く1番・塩見泰隆に対してはカウント1-1から外角低めいっぱいの151キロで追い込み、外角高めのストレートで空振り三振。最後は自己最速を1キロ更新する152キロで仕留め、軽快な足取りでマウンドを駆け下りた。

 根尾は21日に登録ポジションを「外野手」から「投手」に変更されたばかり。“根尾投手”としての初登板を1イニング三者凡退の満点投球で終え、これで5月21日のプロ初登板から4試合連続無失点となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西