ニュース 2022.06.24. 21:08

広島・大瀬良が今季2度目の完封勝利「自分のことよりチームのために」

無断転載禁止
広島・大瀬良 (C)Kyodo News
2022.06.24 18:00
横浜DeNAベイスターズ 0 終了 7 広島東洋カープ
横浜
● DeNA 0 - 7 広島 ○
<10回戦・横浜>

 広島はカード初戦を制し、引き分けを挟み3連勝。大瀬良大地が今季2度目の完封勝利で6勝目(4敗)を手にした。

 広島は今季ノーヒットノーランを達成した左腕・今永昇太を相手に、初回に坂倉将吾の2点適時打で幸先よく先制すると、3回には菊池涼介の3号2ラン、続く4回にも中村健人の2号ソロなどで効果的に得点を重ね5得点ノックアウト。

 大瀬良は自身3連敗中で約1カ月白星から遠ざかっていたが、この日は援護にも恵まれ、2回と4回に得点圏に走者を背負ったものの、後続を許さずゼロ行進。最後までキレある投球で三塁すら踏ませなかった。

 9回106球を投げて6安打無四球8三振と文句なしの快投を見せたエースは、試合後のヒーローインタビューで「情けないピッチングが続いていたので、良いピッチングしたいなと思って投げた。勝てて良かった」と安堵の表情。

 甲子園での前カードは2試合連続で延長戦を戦い消耗していたこともあり、「今日は自分のことよりチームのために最後まで投げたいなと、そういう思いでマウンドに立った。なんとか最後まで投げられてよかった」と頷いた。

 自身の投球内容についても、「いつもよりまっすぐに力があったと思いますし、そのおかげで変化球も全体的に良いボールが投げられたんじゃないかと思います」と納得の表情だった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西