ニュース 2022.06.26. 13:19

アストロズ投手陣がノーノー達成 3人の継投で”最強”ヤンキース打線を封じる

無断転載禁止
継投ノーノ―を達成した、左からプレスリー投手、マルドナード捕手、ネリス投手、ハビエル投手
● ヤンキース 0 - 3 アストロズ ○
<現地時間6月25日 ヤンキー・スタジアム>

 アストロズは25日(日本時間26日)、敵地でのヤンキース戦で、3投手の継投によるノーヒットノーランを達成した。

 先発右腕のハビエルは、自己最多の13三振を奪うなど7回115球、無安打無失点の快投。8回は2番手右腕のネリスが2四球を与えながらも無安打無失点でつなぎ、9回はこのカードの初戦で3点リードの9回に4点を失っていた守護神・プレスリーが2奪三振含むパーフェクト締め。3投手の継投でノーヒットノーランを達成した。

 今季のノーノー達成は、5月10日(同11)のレイズ戦でエンゼルスの左腕・デトマーズが完封で達成して以来3度目。複数投手による達成は、メッツが今年4月29日(同30日)のフィリーズ戦で5投手で記録して以来、通算18度目となった。

 ア・リーグ西地区首位のアストロズは、敵地で今季両リーグ最高勝率を誇る同東地区首位のヤンキースに連勝。今回のカードはポストシーズンさながらの好ゲームが続いており、アストロズの2勝1敗で迎えるあすの最終第4戦も楽しみだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西