ニュース 2022.06.26. 16:04

西武が今季初のスイープで2位楽天と2.5差 山川2発、勝ちパターン温存も15度目零封勝ち

無断転載禁止
西武 與座海人
2022.06.26 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 0 終了 2 埼玉西武ライオンズ
楽天生命パーク
● 楽天 0 - 2 西武 ○
<11回戦・楽天生命パーク>

 西武が今季初の同一カード3連勝。直接対決で下した2位・楽天とゲーム差「2.5」に詰め寄った。

 先発の與座海人は丁寧にコーナーを突く投球で、6回まで散発2安打の好投。2点リードの7回に連打と死球で二死満塁のピンチを招いたが本塁生還は許さず、7回(96球)を投げて4安打2四死球無失点の快投を見せた。

 2点リードの8回以降は2連投中だった平良海馬と増田達至を温存し、本田圭佑、森脇亮介が無失点リレー。與座が5勝目を掴み、チームとしては今季15度目の無失点勝利を収めた。

 打線は大量援護とはいかなかったが、通算199本塁打で試合に臨んでいた4番・山川穂高が4回の200号に続いて6回の201号と2打席連続のソロホームラン。本塁打王争いを独走する主砲のアーチがチームを勝利に導いた。

 なお、通算697試合目での200本塁打到達は、田淵幸一氏、秋山幸二氏の714試合を抜いて日本人最速。3年ぶり3度目の本塁打王へひた走る稀代のアーティストが球史に名を刻むことになった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西