ニュース 2022.06.28. 21:30

広島、逆転負けで再び借金1…床田6回4失点で4敗目、村上に痛恨の3ラン被弾

無断転載禁止
広島・床田寛樹 (C)Kyodo News
2022.06.28 18:00
広島東洋カープ 3 終了 6 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
● 広島 3 - 6 ヤクルト ○
<10回戦・マツダスタジアム>

 広島は3点リードを守れず逆転負け。連勝は5で止まり再び借金1となった。

 広島は0-0で迎えた4回、ヤクルト先発・小川から無死一、二塁の好機を作り、6番・上本のライナー性の飛球は右翼へ。照明が目に入ったのか、この打球を右翼・山崎が後逸し、これが先制適時打となった。なおも一死二、三塁で、8番・會澤が2点適時二塁打を左翼線へ。この回だけで4安打を集中し3-0とリードを広げた。

 自身3連勝中の先発・床田は、この日も安定した立ち上がりで5回まで1安打投球。しかし3点リードの6回、一死一、二塁で3番・山田に右前適時打を許したあと、続く村上には初球の外角直球を左中間席へ運ばれ3-4と一気に逆転された。

 7回は2番手の菊池保が二死から3連打を許し5失点目。8回は3番手の松本が二死からソロ本塁打を浴びビハインドは3点に広がった。打線はヤクルト救援陣の前に無得点。床田は6回4安打4失点で4敗目(7勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西