ニュース 2022.07.01. 20:15

中日・根尾が一打同点のピンチで好救援! 好守の高橋周平を笑顔で迎える

無断転載禁止
中日・根尾昂 (C) Kyodo News
2022.07.01 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 1 阪神タイガース
バンテリンドーム

火消し託され近本に真っ向勝負


 中日の根尾昂投手が1日、本拠地での阪神戦にて1点のリードを守る好救援を見せた。

 1-0で迎えた5回に4番手・山本拓実が二死一・二塁のピンチを招くと、立浪和義監督は投手交代を決断し、背番号7がマウンドへ。根尾の登場曲がバンテリンドームに流れ、バンテリンドームに駆け付けたファンは拍手で根尾の背中を押した。

 根尾は難敵の3番・近本光司を前に、初球から外角速球、内角スライダーをきっちりとコースに投げきる上々の入り。ボールカウント1-1から投じた3球目も捕手の要求通り高めにストレートを投げきったが、この打球が三遊間を破ろうかという打球に。それでも三塁手・高橋周平がこの打球をダイビングキャッチし素早く二塁へ転送。間一髪フォースアウトでピンチを切り抜けた。

 見事、起用に応えた根尾はグラブで拍手しながらベンチ前で野手陣を迎え、好守で守り立てた高橋ともハイタッチを交わした。

 この日の中日は先発予定だった大野雄大がコンディション不良で登板を回避する緊急事態。阪神の先発・青柳晃洋に対し、中日投手陣は4回まで3投手の継投でスコアボードにゼロを並べる粘りのリレーをみせていた。

 これまではビハインドゲームに限って登板していた根尾も、試合中盤のリードしている重要局面で一仕事。打者1人に対して3球という短い出番だったが、チームを救う投球を見せた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西