ニュース 2022.07.01. 21:32

天谷氏、広島・小園の中安に「状態が上がってきている」と話した理由

無断転載禁止
広島・小園海斗
2022.07.01 18:00
広島東洋カープ 5 終了 3 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 5 - 3 巨人 ●
<13回戦・マツダ>

 1日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏が、広島の小園海斗について言及した。

 試合前まで2試合連続中だった小園は同日の巨人戦に『2番・ショート』で先発出場。天谷氏は「小園選手は状態が悪くなってくるとフライは力のない逆方向、センターからレフト方向のフライ。引っ張った打球はゴロになるという傾向があるんですけど、状態があがってくると同時にそういうバッティングがピタッとなくなる。わかりやすいバッターではありますよね」と分析した。

 5-3の7回無死走者なしの第4打席、赤星優志が投じた初球のストレートをセンター前にはじき返した。この安打に天谷氏は「明らかに状態があがっていますよね。状態が悪ければ、サード方向のスタンドにファウルになっていたであろうボールをしっかりと捉えることができていますよね」と話した。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM