ニュース 2022.07.04. 06:44

ヤクルト・小澤怜史の初勝利を強力援護!女房役の働きを大矢氏も絶賛「最高でした」

無断転載禁止
笑顔でポーズをとるヤクルトの小沢と中村 (C) Kyodo News

主砲は打てずとも14安打で11得点


 2日に優勝マジックを点灯させたヤクルトが2連勝でカード勝ち越し。

 3日の試合では、プロ7年目で初先発となった小澤怜史を自慢の打線が強力援護。11-4で圧倒し、プロ初勝利とともに優勝マジックを「51」に減らしている。




 進撃の止まらない主砲・村上宗隆が4打数無安打・2三振に終わった中、打線は初回に山田哲人の適時打で先制。さらに青木宣親にも適時打が飛び出して2点を加えると、つづく中村悠平がレフトスタンドに叩き込む2ラン。一挙5点の猛攻で主導権を握る。

 直後の2回表に1点を返されるも、裏に山田が2打席連続の適時打を放って加点。その後も4回から7回まで毎回得点を重ね、着実にリードを拡げて行った。

 投げては小澤が5回8安打に四死球3つと毎回のように走者を背負いながら、要所を締める投球で3失点の粘投。嬉しいプロ初勝利を手にした。



 3日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』では、7年目右腕のプロ初勝利をアシストした中村悠平に着目。

 この日は初回に2ランを放った後、2つの四球に続いて6回の第4打席でもレフトスタンドに叩き込む4号2ラン。攻守にわたって小澤を支えた。

 番組に出演した元捕手の大矢明彦氏は「ホームランもたしかにすごかったんですが、まずはリード。ピンチも多かったですが、ピンチになればなるほど上手にボール球を使って、相手のタイミングを外していた」と語り、そのリードを称賛。

 つづけて「そのオマケにホームラン2発ですから。最高でしたね」と、躍動した背番号27を称えた。


 また、小澤を援護した強力打線について、同じく番組に出演した大久保博元氏は「個人個人がしっかりと対策を取っていて、何をするかが明確なんですよね。この場面では右に打とうとか、引っ張っていこうとか」とし、それぞれの打者に“迷い”がない点を強調。

 村上といういま最も警戒しなければならない強打者を封じても、それだけでは勝てないのが今のヤクルト打線。「だからバッテリーも頭を悩ませる」と、ヤクルトの強さの秘訣について語った。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』



【PR】東京ヤクルトスワローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

Bクラスからの王座奪還を目指すヤクルトは村上宗隆と山田哲人の復活がカギを握る。2年目の吉村貢司郎を筆頭に若手投手の成長にも注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成