ニュース 2022.07.09. 15:14

首位ヤクルトに激震…高津監督や山田哲人ら14人が新型コロナ陽性 9日の阪神戦は中止が決定

無断転載禁止
ヤクルト 高津監督

独走態勢のチームにコロナショック


 ヤクルトは9日、高津臣吾監督や山田哲人選手ら一軍計14人が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表。同日18時から予定されていた阪神戦(神宮)も中止となった。

 球団の発表によると、山田哲人と濱田太貴が8日に体調不良を訴え、PCR検査を受検したところ陽性が判明。9日の定期検査で新たに髙津臣吾監督、石井弘寿コーチ、高梨裕稔、清水昇、田口麗斗、松本直樹、内山壮真、奥村展征、長岡秀樹、丸山和郁、青木宣親、スタッフ1人の計12人が陽性判定を受けたという。

 ヤクルトは2リーグ制後では史上最速の7月2日に優勝マジックを点灯させペナントレースを独走。8日終了時点で2位・巨人に12ゲーム差をつけ、リーグ連覇へ視界良好と見られていたが、シーズン中盤に思わぬアクシデントに見舞われた。


▼ 7月9日発表の陽性者

<一軍>
髙津臣吾監督
石井弘寿コーチ
山田哲人
濱田太貴
高梨裕稔
清水昇
田口麗斗
松本直樹
内山壮真
奥村展征
長岡秀樹
丸山和郁
青木宣親
スタッフ1人

<二軍>
川端慎吾
スタッフ1人
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西