ニュース 2022.07.10. 08:00

岸川氏、日ハム・清宮の打撃に「引きつけて回転で…」

無断転載禁止
日本ハム・清宮幸太郎 (C)Kyodo News
2022.07.09 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 7 北海道日本ハムファイターズ
PayPayドーム
● ソフトバンク 2 - 7 日本ハム ○
<14回戦・PayPayドーム>

 RKBラジオ制作でニッポン放送でも放送された『ソフトバンク-日本ハム戦』で解説を務めた岸川勝也氏が、日本ハムの清宮幸太郎について言及した。

 清宮は0-2の2回無死走者なしの第1打席、ソフトバンク先発・東浜巨が投じたインコースよりのスライダーをライト線に弾き返す二塁打を放った。

 この二塁打に岸川氏は「今のもインコースの難しいスライダーですけど、この打球がきれなくなりましたよね。引きつけて回転で打てるようになっています」と解説。

 「その一つの要因として構えているときに、バットを柔らかく動かしますよね。それがトップに入るときにちゃんと頭の後ろに入るようになった。以前はヘルメットの前にきてそれからトップを作っていて、間に合っていなかった。スムーズにバットが出ていると思いますよ」と分析していた。

 さらに清宮は7回の第4打席では、武田翔太のストレートを右中間スタンドに第11号ソロを放った。

(提供=RKBエキサイトホークス)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM