ニュース 2022.07.27. 07:14

高木豊氏「ハンパない…これは打てない」ロッテ小野らパ投手陣に感嘆

無断転載禁止
5回に全パの5番手で登板したロッテ・小野郁 (C)Kyodo News
2022.07.27 18:30
オールセントラル 1 終了 2 オールパシフィック
松山

3連続Kの小野に賛辞連発「当たる気しないよ」


 26日にPayPayドームで行われた『マイナビオールスターゲーム2022』第1戦はオール・パシフィックがサヨナラ勝ち。実力者揃いのパ・リーグ救援投手陣は、5回以降一人の走者も許さない圧巻のリレーを見せた。

 全パ投手陣は序盤2イニングこそ立て続けに失点したが、4回一死から本田圭佑(西武)がダヤン・ビシエド(中日)に右安打を許したのを最後に、打者17人連続アウトの快投を披露。

 特に5回に登板した5番手・小野郁(ロッテ)は、最速157キロを計測したストレートとスライダー、カーブのコンビネーションで、中野拓夢(阪神)、塩見泰隆(ヤクルト)、近本光司(阪神)を三者連続三振に仕留めた。

 同日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の高木豊さんは、「投高打低って言われるけど、今日しっかりわかったような試合でしたよ」と、球宴第1戦が今季の野球を象徴するような一戦だったと指摘した。

 特に新型コロナウイルス陽性判定を受けた東條大樹(ロッテ)の代役として、初の夢舞台で躍動した小野のパフォーマンスについては「代替選手ですよ?それが3三振とるんだから。それも一番速いんじゃないかっていうボールを投げて。もう圧巻だったですよ。当たる気しないよ。え?何投げちゃってるの?っていうような感じ」と賛辞を連発。興奮を通り越し、半ば困惑した様子で小野の投球を振り返った。

 さらに「平良の真っ直ぐも素晴らしかったし、益田のテクニック、モイネロのカーブ…ハンパないですよこれ。バッター出身でこれは打てないよって言っちゃいけないけど、これは相当なにかしないと打てないですよ」と、パ・リーグが誇るリリーフ投手陣のレベルの高さに感嘆の声を漏らしていた。

▼ 球宴第1戦・パ投手リレー
(ソ)大関友久 1回2安打0三振1失点
(オ)山岡泰輔 1回1安打1三振1失点
(楽)則本昂大 1回1安打2三振0失点
(西)本田圭佑 1回1安打1三振0失点
(ロ)小野 郁 1回0安打3三振0失点
(西)平良海馬 1回0安打2三振0失点
(ロ)益田直也 1回0安打1三振0失点
(ソ)モイネロ 1回0安打0三振0失点
(楽)松井裕樹 1回0安打0三振0失点
投手9人=9回5安打10三振0四球2失点

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西