ニュース 2022.08.01. 06:29

3タテ危機を救った主砲の3発 ヤクルト・村上宗隆の大暴れに五十嵐亮太氏「これが本当の四番」

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆 (C) Kyodo News

田尾氏は「あの3本目は打たれてはいけなかった」と指摘


 ヤクルトが敵地での阪神戦3連敗を阻止。

 31日の試合では、主砲・村上宗隆が終盤に圧巻の3打席連発。7回に反撃の狼煙を挙げるいっぱつを放つと、土壇場9回には同点弾を放ち、延長11回には勝ち越しの2ラン。全4打点を叩き出す大暴れでチームを危機から救った。




 この日は5打数3安打4打点の活躍で、打率.3159はリーグ4位。37本塁打と95打点は12球団断トツの数字。後半戦最初のカードを終えた時点でここまでの数字を積み上げており、最終的な着地点がどこになるのか。今から期待が高まる。

 31日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した五十嵐亮太氏も、「連敗を止めるのはエースか4番の仕事と言われますけど、いやぁ見事でしたね」と、まさに“4番の仕事”を果たした若き主砲を絶賛。

 続けて「相手はインコースも見せているんですが、それでも外のボールが遠くならないんですよね。精神的に落ち着いていて、打席の中でとにかく乱れない。これが本当の四番打者ですよね」と付け加え、22歳にしてすでに貫禄すら感じる村上の佇まいを称えた。



 同じく番組に出演した田尾安志氏も「もう言うことないですよ」と驚嘆する。

 一方で、「ただあの3本目は打たれてはいけない場面だったと思いますね」と指摘。延長11回は一死から青木宣親が振り逃げで出塁し、二死となったところで村上が登場。ここで田尾氏は「二死一塁でしたが、2ボールになったとことで歩かせると思った」と言う。

 歩かせれば二死一・二塁とピンチは拡大するが、「5番のサンタナはもう下がっていましたからね。得点圏に走者が進んでも、次の渡邉大樹と勝負と。そのくらいの打者ですよ」と田尾氏。この場面では最大級の警戒が必要だったと解説した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』



【PR】東京ヤクルトスワローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

Bクラスからの王座奪還を目指すヤクルトは村上宗隆と山田哲人の復活がカギを握る。2年目の吉村貢司郎を筆頭に若手投手の成長にも注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成