ニュース 2022.08.17. 21:43

西武・内海、移籍後初リリーフで1回無失点 引退発表後初登板で仕事キッチリ

無断転載禁止
8回にリリーフ登板した西武・内海哲也 (C)Kyodo News
2022.08.17 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
ベルーナドーム
● 西武 3 - 5 ソフトバンク ○
<16回戦・ベルーナドーム>

 16日に今季限りでの現役引退を発表した内海哲也投手(40)が、移籍後初の中継ぎ登板で1イニングを1安打無失点に抑えた。

 引退後発表後、これが初の一軍登板。2点ビハインドで迎えた8回表、3番手として名前がコールされると、場内からの大きな拍手が送られた。今季の一軍登板は、先発で黒星を喫した5月21日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来。リリーフ登板は2018年の巨人時代以来、移籍後初めてとなった。

 まずは先頭で対峙した6番・中村晃を投ゴロに退けると、続く三森は追い込んでからのスライダーで見逃し三振斬り。二死から代打・松田に三塁への内野安打を許したが、最後は9番・甲斐を三ゴロに仕留めた。

 1回19球、1安打1奪三振無失点の好リリーフ。2点ビハインドを保ち逆転への気運を高めたがチームはそのまま敗戦。首位攻防第2ラウンドを落とし、ソフトバンクに再び1.5ゲーム差に迫られた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西