ニュース 2022.08.19. 22:31

オリックス・山本由伸が135球完投で通算50勝 プロ初2連発の若月イジる「マジで打たないとやべえよって」

無断転載禁止
通算50勝目を手にしたオリックス・山本由伸
2022.08.19 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 4 オリックス・バファローズ
ベルーナドーム
● 西武 3 - 4 オリックス ○
<19回戦・ベルーナドーム>

 オリックスが首位・西武とのカード初戦を制し3位に浮上。先発の山本由伸が135球完投で今季11勝目を掴み、通算50勝に到達した。

 山本は初回に振り逃げを処理した若月健矢の送球エラーが絡んで迎えたピンチで山川穂高に先制適時打を許すと、逆転して2点リードで迎えた6回には、山川に2本目のタイムリーを打たれるなど2失点。上位打線に捕まり試合を振り出しに戻された。

 それでも直後の7回、5回にチーム3点目を叩き出す3号ソロを放っていた若月が、右翼ポール直撃の2打席連発4号ソロを放ち、これが値千金の決勝弾に。1点差の終盤3イニングは背番号18のエースがひとりで投げぬきチームを勝利に導いた。

 自己最多135球で節目の50勝目を飾った山本は、「ヒットをすごくたくさん打たれて先制点も許してしまったんですけど、何とか粘り強く最後までいけたので良かった」と自身の投球を振り返り、「明日も明後日も試合がありますし、シーズン終盤なので、こういったピッチング以上に何か少しでもチームの力になれるのはすごく嬉しいです」と納得の表情で頷いた。

 また、プロ9年目にして初の1試合2ホーマーを放った若月の活躍に話が及ぶと、「初回の送球ミスと2回にダブルプレーを打っていたので、マジで打たないとやべえよって思いながら見ていました」と笑顔でチクリ。長らくコンビを組む女房役イジりも忘れなかった。

 これで今季20試合に先発登板し、11勝5敗の勝率.688、防御率1.71、154奪三振の成績。昨季の沢村賞右腕は主要個人成績4部門でトップをキープしている。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西