ニュース 2022.08.22. 16:25

仙台育英が悲願の甲子園初制覇!13度目の挑戦で優勝旗が東北へ

無断転載禁止
満塁本塁打を放った仙台育英・岩崎生弥 (C) Kyodo News
『第104回全国高等学校野球選手権大会』
○ 仙台育英 8 - 1 下関国際 ●
<8月22日 決勝>



 『第104回全国高等学校野球選手権大会』の決勝戦が22日に甲子園球場で行われ、仙台育英(宮城)が下関国際(山口)に8-1で勝利。どちらが勝っても初優勝という大一番を制し、深紅の大優勝旗を東北に持ち帰った。

 序盤は仙台育英の斎藤蓉と下関国際の古賀康誠がともに好投。両先発がスコアボードにゼロを並べていく。

 試合が動いたのは4回裏、仙台育英の2番・山田脩也がレフト線を破る二塁打で出塁すると、犠打で送って一死三塁から4番・斎藤陽がライトへ適時打。先制に成功した。



 さらに仙台育英は5回にも安打と暴投で一死二塁とチャンスを作り、二死三塁から橋本航河がセンターに運ぶ適時打。さらに盗塁で再び得点圏に走者を進めると、先制のホームを踏んだ山田脩也が適時打。2点を加え、3-0と突き放す。

 投げては先発の斎藤蓉が6回に1点を失ったものの、7回まで100球で1失点の好投。7回裏には打線がそれに応え、岩崎生弥の満塁弾などで一挙5得点。8-1とリードを大きく拡大した。

 8回からは高橋煌稀につなぎ、2イニングを無失点。大会を通じて安定した戦いぶりを見せた仙台育英が、悲願の甲子園初制覇を成し遂げた。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西