ニュース 2022.08.24. 06:29

楽天が“投壊”15失点…解説陣は先発バッテリーに苦言「内角を投げていないわけではないが…」

無断転載禁止
楽天・則本昂大(中央) (C)Kyodo News

先発の則本が大乱調


 23日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した阿波野秀幸さんが楽天バッテリーに苦言を呈した。

 楽天の先発・則本昂大は初回、野村大樹と谷川原健太のタイムリーなど打者一巡の猛攻を受けて4失点。3回にも谷川原に適時打を浴びて2点を奪われ、9安打6失点で今季自己最短となる3回で降板。チームは今季ワーストとなる20安打15失点の“投壊”で大敗した。

 番組で解説を務めた阿波野さんは則本について「(前回の登板は)ストレートも良くてトンネルを抜けたかなと思ったんですけど…」とコメントし、「今日は配球なんですよね。アウトコースでストライクを取る率が非常に高かった。内角を投げていないわけではないが、1球投げたら間違いなく(次のボールは)外なんですよ」と指摘。

「3球連続とか投げると効果が出るじゃないですか。だから、そのへんがキャッチャー含めての課題ですね。キャッチャーが打席にも立たず交代という厳しい判断だと思いますけど」と、先発キャッチャーの太田光と則本のバッテリーへ苦言を呈した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

【PR】プロ野球を観戦するなら「DAZN Baseball」

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

春季キャンプ、オープン戦、公式戦、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

③ DAZN初契約の場合、2024年2月29日までの契約で初月無料!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!

③ 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西