ニュース 2022.08.27. 15:00

オリックス・椋木蓮「リベンジという気持ちはある」…2週続けて西武戦に先発

無断転載禁止
オリックス・椋木蓮 (C) Kyodo News

21日の試合は1回2/3で降板


 本拠地・京セラドーム大阪で西武との3連戦に臨んでいるオリックス。

 重要な3戦目となる28日の予告先発投手が発表となり、ドラフト1位ルーキー・椋木蓮が今季4度目のマウンドに登る。




 椋木はプロ初登板となった7月7日の西武戦と、7月20日の日本ハム戦で連勝を挙げるも、前回登板の8月21日・西武戦では1回2/3を2失点で降板。プロ初黒星を喫した。

 あれから1週間、球場は本拠地に変わるが、同じ西武との対戦に。今回はプロ初の“中6日”での登板になるが、「前回は球数が少なかったので、疲労は少ないと思います」とコンディションに不安はない様子。

 1週前の投球については、「立ち上がりから良くなかった。フォームも映像で見て良くなかったので見つめ直しました」と語り、「フォームはバランスですね。開きが早かったので、手投げになっていました」と課題を振り返った。



 投球フォームの違和感は試合中からあったと言い、実は中嶋聡監督からも「球場と合わないんじゃないか」と声を掛けられていたという。

 さらに「そういうこともあるので切り替えろ」と言われていたことも明かし、球場が変わる今回は本領発揮に期待がかかる。


 チームは中嶋監督が新型コロナ陽性で離脱中。厳しい状況下での登板となるが、「前回投げきれなかったというのもありますし、同じ相手なので、自分に勝ちが付くとかではなく、チームが負けないようなピッチングができたら」と意気込みを表明。

 そのうえで「やっぱり、自分の中でリベンジという気持ちはある」とし、今季3度目の対戦となる西武戦へ静かに闘志を燃やした。


取材・文=どら増田



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西