ニュース 2022.08.27. 21:26

【巨人】山﨑武司氏、4回の広島・堂林への配球に疑問「なぜ空振り三振するリードをしなかったの」

無断転載禁止
巨人・原辰徳監督 (C) Kyodo News
2022.08.27 18:00
広島東洋カープ 6 終了 4 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 6 - 4 巨人 ●
<23回戦・マツダ>

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた山﨑武司氏は、4回に広島・堂林翔太を遊併に抑えた場面の配球について言及した。

 2-2の4回無死一、三塁で堂林を迎えた場面で、巨人ベンチは先発・直江大輔を諦め、鍬原拓也にマウンドを送る。鍬原と大城卓三のバッテリーは、堂林に対し1ボール2ストライクから4球目のストレートで、三塁走者の生還を許したが遊併に打ち取った。

 この配球に山﨑氏は「僕がインコースまっすぐどうなのって正直思うんですよね」と指摘。山崎氏は「堂林がスライダーにタイミング全くあっていなかったでしょう。データにもでていると思うんですけど、アウトコースちょっと苦手なんですよ。ここは空振り三振が欲しいところ。まして追い込んでいるわけなので、なぜ空振り三振するリードをしなかったのか疑問ですよね。外勝負で空振り取れますよ。非常にもったいない」と納得がいかなかったようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM