ニュース 2022.08.31. 11:38

鈴木誠也、4打数2安打で4試合連続安打 マルチ安打は直近6試合で4度目

無断転載禁止
2回の第1打席に痛烈な中前打を放つカブスの4番・鈴木誠也
○ ブルージェイズ 5 - 3 カブス ●
<現地時間8月30日 ロジャース・センター>

 カブスの鈴木誠也外野手(27)が30日(日本時間31日)、敵地でのブルージェイズ戦に「4番・右翼」で先発出場。4打数2安打で2試合連続マルチ安打をマークした。

 2年連続2ケタ勝利がかかるブルージェイズの先発右腕・ガウスマンと対戦し、イニング先頭だった2回の第1打席は痛烈な中前打。カウント1-2後の直球を完璧に弾き返した。続くレイエスの打席でフルカウントからランエンドヒットの形で二塁へスタートしたが盗塁失敗。三振併殺で好機を広げることはできなかった。

 二死無走者だった4回の第2打席は、三遊間を破りそうなゴロを名手・チャップマンに好捕されたも送球が逸れる間に一塁セーフ。結果は三塁内野安打となり、2試合連続マルチ安打をマークした。

 6回の第3打席は右飛。4番手右腕・リチャーズと対戦した8回の第4打席は、フルカウント後の高めから沈んでくるチェンジアップにバットが出ず見逃し三振に倒れた。

 この日は4打数2安打1三振で打率は.258、OPSは.752にアップ。マルチ安打は直近6試合で4度目となり、シーズン終盤に再び調子を上げてきた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西