ニュース 2022.09.07. 06:59

青柳の攻略法は燕打線がお手本に?笘篠氏「阪神はなんとかしなきゃ」

無断転載禁止
阪神・青柳晃洋 (C) Kyodo News
2022.09.06 18:00
阪神タイガース 6 終了 8 東京ヤクルトスワローズ
甲子園

対ヤクルトは連続完封から一転2連敗


 阪神は延長11回までもつれた接戦を落とし3連敗。借金3となり、4位の広島に1ゲーム差に迫られた。

 先発の青柳晃洋は3回までパーフェクト。しかし4回、4番・村上宗隆に先制の右前適時打を浴びると、5回は1番・山崎晃大朗に右越え2点適時三塁打を許すなど3点を失った。6回は村上に52号のソロを被弾。6回7安打5失点で降板し、これで8月2日に12勝目を挙げて以降、5試合連続未勝利となった。

 6日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の笘篠賢治さんは「青柳は8月16日も神宮でやられたんですけど、右のサイドハンドに対する左打者ってショートの頭とか、逆方向狙いで臨んでやられていた。ヤクルト打線は逆にセンターから右方向に引っ張りにいってる。これで青柳を攻略してきているというのが2試合続いている」とヤクルト打線の青柳対策を分析。

 前回登板はミス絡みでの失点が響く展開ではあったが、笘篠さんの指摘通り、左打者が放った安打方向はライト3本、センター1本。約3週間ぶりの再戦となった6日もライト3本、センター1本だった。

 8月の対戦までは、青柳が今季2戦2勝の連続完封とカモにしていたものの、ここへきて状況は一転。笘篠さんは「タイガースはここをなんとかしなきゃいけない。青柳くんも策を練っていかないとね」と、いま一度“左打者対策”を再考する必要があると話した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西