ニュース 2022.09.10. 16:57

中日、3連勝で逆転CS進出に望み 効率よく得点、小笠原8回途中2失点で8勝目

無断転載禁止
中日・立浪監督 (C)Kyodo News
2022.09.10 14:00
読売ジャイアンツ 2 終了 5 中日ドラゴンズ
東京ドーム
● 巨人 2 - 5 中日 ○
<22回戦・東京ドーム>

 投打が噛み合った中日は3連勝。残る借金は「11」となり、5位・巨人とのゲーム差を「2」に縮めた。

 打線は5回、6番・A.マルティネスが8号ソロを右中間席へ運び先制。6回は一死から3番・阿部、4番・ビシエドの連打で二、三塁の好機を作り、5番・木下の中犠飛で2点目を加えた。8回は先頭の1番・岡林が一塁線を破る三塁打で出塁したあと、続く大島は四球。好調な1・2番が無死一、三塁の好機を演出し、ビシエドの中前適時打、木下の中犠飛、A.マルティネスの左翼線適時二塁打で理想的に3点を追加した。

 先発の小笠原は7回まで1安打無失点の快投。8回に3安打を集中され2点を失ったが、8回途中4安打2失点の好投でチームトップタイの8勝目(10敗)を挙げた。

 リリーフはロドリゲス、R.マルティネスの勝ちパターンで逃げ切り勝利。R.マルティネスはリーグ単独2位となる33セーブ目(4勝3敗)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西