ニュース 2022.09.14. 06:29

中日が痛恨野選で決勝点を献上…大久保氏「なんでホームに投げているの?ってだけの話」

無断転載禁止
7回、DeNA・宮﨑の三ゴロ野選の間に先制点を許した中日・髙橋宏。右は三塁手阿部
2022.09.13 18:00
中日ドラゴンズ 0 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
バンテリンドーム

「判断は全然難しくない」


 中日はホームでのDeNA戦に0-1で敗れ3連敗。高卒2年目の右腕・髙橋宏斗が7回1安打と好投したが、フィルダースチョイスで献上した1点が決勝点となってしまった。

 試合の命運を分けたのは0-0で迎えた7回。髙橋宏がイニング先頭の2番・関根大気にスプリットを拾われ初被安打となる右中間二塁打で出塁を許すと、ニゴロと申告敬遠で一死一・三塁のピンチ到来。ここで対峙した5番・宮﨑敏郎は三ゴロに打ち取ったかと思われたが、捕球した阿部寿樹がバックホームか二塁経由の併殺か一瞬迷い、結果的に本塁へ送球するもオールセーフ。併殺なら攻守交代というタイミングでの判断の遅れが命取りとなり、フィルダースチョイスの間に決勝点を献上した。

 13日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』では、この試合唯一の得点となった7回のシーンがフォーカスされ、番組に出演した野球解説者の大久保博元さんは「判断は全然難しくない」とキッパリ。打球を処理した三塁手・阿部寿樹のミスであると指摘した。

 大久保さんは守備陣形にも言及し、「あれはゲッツー態勢をとっているので、ゲッツー取れる打球が来たら、阿部は何の責任もなくセカンドに投げればよかった。ゲッツー取れなかったらベンチが悪いんですよ。ベンチがゲッツーとってくれっていっているのに、なんでホームに投げているの?ってだけの話です。それがもったいない。阿部がベンチのサイン通りに動けばよかっただけ」と、一連のプレーへの見解を示した。

 阿部が捕球した際、ホームを守る捕手の木下拓哉は二塁を指差す仕草を見せていたが、打球を処理した阿部は本塁、二塁、本塁と視線を移し痛恨の野選。

 大久保さんは「ホーム優先のゲッツーシフトならサードはもう少し前に出ているから、あれはゲッツーシフトです。簡単に言えばエンドランのサインが出てたのに、ど真ん中を見逃したみたいなことをやっちゃった」と、中日が拙守で献上した1点を振り返った。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西