ニュース 2022.09.14. 21:01

【DeNA】岩瀬氏が語る満塁で登板する難しさ「初球勝負だという気持ちで投げないと」

無断転載禁止
DeNA 平田真吾
2022.09.14 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 2 横浜DeNAベイスターズ
バンテリンドーム
○ 中日 3 - 2 DeNA ●
<21回戦・バンテリンドーム>

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された14日の中日-DeNA戦で解説を務めた岩瀬仁紀氏が、満塁の場面でリリーフ登板する難しさについて語った。

 DeNAは2-2の6回一死満塁の場面で、先発・ロメロから平田真吾にスイッチ。平田の投球前に「だいたい初球、2球目の勝負で決まります」と岩瀬氏が話すと、平田は1球、2球ストライクが入らずボールが先行し、結局1球もストライクが入らず押し出し四球を与えてしまう。

 岩瀬氏は「ボールが増えるたびに、精神的にどんどん追い込まれるんですよね。早くストライクが欲しいところなんですけど、腹をくくって初球勝負だという気持ちで投げないと、ピッチャーはこういう状況では抑えられない」と話していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM