ニュース 2022.09.15. 07:29

阪神・岩崎が40日ぶりセーブも…金村氏は流動的な「抑え」起用を提言

無断転載禁止
阪神・岩崎優 (C) Kyodo News
2022.09.14 18:00
阪神タイガース 6 終了 5 広島東洋カープ
甲子園

最終盤は「良い投手」を9回に!湯浅が抑えの可能性も


 阪神はホームで広島に6-5で逆転勝利をおさめ、単独3位の座を死守。負ければ同率で並ばれる一戦を逆転で制した。

 14日は、取られては取り返すシーソーゲームで、先発の伊藤将司が5回3失点で降板。6回からはカイル・ケラー、岩貞祐太、浜地真澄、湯浅京己と繋ぎ、最終回はクローザーのポジションから外れていた岩崎優が三者凡退で締めくくった。

 岩崎にとっては8月5日・広島戦(マツダスタジアム)以来、40日ぶりのセーブ。連続セーブ失敗からの配置転換を経て、返り咲いた9回のマウンドで掴んだ価値ある今季26セーブ目だった。

 阪神にとっては待望の左腕復活となったが、同日のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の金村義明さんは、岩崎のクローザー固定よりも流動的な形でのブルペン運営を提言した。

 現状の阪神ブルペンについて、金村さんは「ケラーは開幕でやられてからずっとファームでやってましてね、真っ直ぐは速いんですけど、やっぱり(身体の)開きが早いのと球種の少なさで、ココというところでもう一つ信頼感がないので前をやらせているんでしょうけど…。岩崎は勤続疲労もありますし、40日ぶりのセーブでしょ?」と、いまだ“9回の男”は決め手を欠く状況にあると指摘。

 シーズン最終盤のラストスパートは「調子の良い選手、三振が取れる投手、湯浅が最後に行く場合もあるかもしれないし、これはどうなるかわかりませんけども、調子の良い投手が最後にいくんじゃないかなという気はしますけどね。(状態の)良い投手がやればいいと思います」と、各選手の状態、相手打線との相性などに応じて、柔軟な投手起用をすべきとの見解を示した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西